4月 232011
 

先日、伊東市から南伊豆までの各体験ツアーガイドさんを対象に

おもしろ屋号歴史町歩きツアー

を開催しました!

多くの方にご参加頂き、

また東海岸の各ツアーガイドさん達が

このツアーを体験しお互いのガイド力を高めるため

楽しみながらガイドの勉強も兼ねています!

一番初めに寄ったのは

現在開催中の

つるし端午の福まつり

の会場へ!

稲取は、

雛のつるし飾り発祥の地

で、女の子のお節句がとても有名ですが

実は男の子のお節句でも

つるし端午が飾られるようになりました。

雛のつるし飾りに比べると

歴史はまだ浅いですが

お母さんをはじめとする

子供への家族の思いは変わりません♪

つるし端午の福まつりを見学した後は

稲取の町中をゆっくり散策☆

「どんつく通り」から「どんつく神社」へ向けて出発です!

途中、山側へ目を向けると

細野高原三筋山が見えます。

この細野高原では何年か前に日本全国の高原サミットが開催され

海が見える高原は全国どこを見ても稲取だけ

という事が立証された

絶景ビューポイントなのです!

細野高原を確認した後、

「龍宮公園入り口」の看板を左に入ります。

そして向かったのは愛恋岬(アイレンミサキ)の灯台。

この灯台の横にトイレがあるのですが

その上に上がれるようになっていて

海が一望できる場所になっています!

気象条件がバッチリ合えば

大島から神津島、時には三宅島も見る事が出来るんです♪

そしてその横には

どんつく神社!

夫婦和合・子孫繁栄・無病息災・家内安全

この様な謂れ・ご利益があるという事で

たくさんのお客様が訪れる

ちょっとした稲取のパワースポット的な存在になっています。

そしてその横には

愛恋岬の碑があります。

鳥羽一郎さんが歌われる「愛恋岬」は

この岬の事で、この石碑は歌碑になっています。

この前に立つと

愛恋岬の歌が流れるんです!

稲取のガイド、しんとこさんもこの音声に併せて

歌声を披露されてました(笑)

その後は、愛恋岬から海側の

だけど森の中に居るような気分にしてくれる道を下ります。

この道のすぐ右側は海なんです!

そしてこの道の途中、隠れるようにあるのが…

龍宮神社!

願いを叶えてくれるそうですよ!(笑)

でも確かに、龍宮神社ってちょっと隠れたところにあるので

ここまできたら願いを叶えてくれそうです♪

龍宮神社でお参りした後下に抜けると

ちょうどホテル浜の湯前の海に出ます。

この横には「はんまあ様」と呼ばれる石碑があります。

このはんまあ様に関しては、

昔の歴史に基づいたストーリーがあるので

是非このツアーにご参加頂いて

ガイドさんから聞いてみると

とてもおもしろいですよ!

海をバックにはんまあ様の話を聞き終えたら

次は稲取で一番大きな八幡神社へ!

八幡様は、

赤い目をした狛犬に守られています。

こっちの子にはちょんまげが付いています☆

この狛犬達に守られている八幡様の

飾りがまたすごいんです!とっても芸術的なんです!!

牙の生えたゾウさんの口元には

ちゃんと歯も生えてるんです!細かい!!

参加された方々もとてもこの芸術的な建築に感動されていました☆

その後、八百比丘尼へ向う途中

稲取のローカルパンで知られる

藤辺製菓が大人気☆

「藤辺のパン」と呼ばれる、

砂糖のいーっぱいついたドーナツが大人気です!

参加中の方々、ご満悦です♪

この藤辺製菓のすぐ近くに八百比丘尼があります。

考古学好きな方にはオススメのポイントですよ!

八百比丘尼についても、伝説的なストーリーがあります。

ガイドの話を聞いていると、

「へぇ~!」

と何度も感嘆してしまいます!

途中途中にある

稲取の屋号も紹介されながら

港付近を散策し始めますが、

少し長くなりそうなので

このレポートは第2弾へと

引き継ぎたいと思います!

この後の話は、次のブログアップまで

もうしばらくお待ちくださいね☆

Be Sociable, Share!

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

(required)

(required)